第53回日本周産期・新生児医学会

利益相反の開示について

本学会では平成23年7月より「利益相反指針細則」の試行を致しております。 それに伴い、臨床研究に関する発表・講演を行う場合、筆頭発表者および講演者の皆様も、発表演題に関する利益相反状態の自己申告及び開示が必要となりました。

発表者の皆様には、すでに演題登録時に利益相反の有無についてご申告いただいておりますが、ご申告内容について、演題発表時にも利益相反状態の開示をお願い申し上げます。 利益相反状態の開示方法につきましては、以下の開示スライドをダウンロードいただき、所定の位置にご掲示下さい。

なお、利益相反の有無にかかわらず、全ての発表者にご開示いただく必要がございますので、宜しくお願い申し上げます。

利益相反(COI)開示スライド

申告すべきCOI状態がある場合
申告すべきCOI状態がある場合
申告すべきCOI状態がない場合
申告すべきCOI状態がない場合

口頭発表

発表・講演スライドの最初(または演題・発表者・講演者等を紹介するスライドの次)に開示

ポスター発表

ポスターの冒頭に開示

日本周産期・新生児医学会利益相反指針

日本周産期・新生児医学会利益相反指針

PDFを閲覧・プリントするには、Adobe Readerが必要です。
最新バージョンのダウンロードをお勧めいたします。
このサイトについて|Copyright © 第53回日本周産期・新生児医学会 All Rights Reserved.